木製・陶器製のドアノブ

木製・陶器製のドアノブ。ドアノブといえば真鍮製のものが一般的ですが、時代です。木製です。戦中の品です。金属不足のために考案されたようです。握り玉とプレート部分が木製です。玄関扉などの屋外での使用は劣化が進みそうですが、室内での使用ならば問題ないです。何せ70年以上も前のものでいまだに使えています。仕上げは雑ですが。陶器製のものは金属不足のための代用品ではないと思います。製造地等も不明ですが、外国製のアンティークドアノブ等で陶器製のものはありますのでもしかすると渡来品かもしれません。調査します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です