MADE IN OCCUPIED JAPAN

MADE IN OCCUPIED JAPANの鍵が入荷しました。1947年ごろから1952年までの約5年間日本で製造され輸出される製品にはこの表示の義務付けがありました。鍵類はいろいろ集めていますがOCCUPIDEの表示付きのものは初めて見ました。この鍵はどこに輸出されようとしていたのでしょうか。赤と緑の二色があります。OCCUPIDE製品はコレクターズアイテムのようです個人的にはあまりコレクションしたいとは思いませんが日本の金物の資料として2個ずつ保存します。
「OCCUPIED JAPAN」決して良い言葉ではありません。しかしこの言葉は歴史を振り返るための契機となるでしょう。刻印やパッケージも見逃せない金物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です