椅子の日

先日の椅子の座面剥がしの様子です。

普段は、営業・店番担当のスタッフも参加。

古い椅子の座面の鋲や釘を一本ずつ抜いていきます。

昔の椅子は年代にもよりますが、クッションにはスポンジではなく、藁などが使われている事が多いです。

藁をねじって周りを囲み安定感のある枠にしていたり、ソファーの底はしなるよう板ではなく布テープが敷かれていたり、一つの椅子の中に沢山の工夫や知恵が詰まっています。

内部の作りや座面の貼り方にもそれぞれ職人の個性が感じられます。

座面の上の鋲などは比較的簡単に剥がせますが、ソファーなど底に鉄のバネが入っているような椅子は、絶対に底布が外れないように固く固く何本も何本も釘が打ち込まれています。抜くのに一苦労、

どちらにしても、機械ではなく一本づつ手作業で打ち込まれています。

手作業で貼られた座面を解いて、その後塗装を剥がします。

メンテナンスをして、信頼できる椅子屋さんに座面の張りをお願いし、

新しい姿に生まれ変わって店頭に並びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です