旧家に眠っていた古い瓶

江戸時代に建てられた旧家より古い瓶が入りました。
油商を営んでいたこともあり貴重な瓶を屋根裏や蔵の奥から発見。
かなりの埃に覆われ洗うのも一苦労でしたが
割れやカケもなく状態もいい瓶ばかりです。

茶色のアルミの蓋つきは養命酒で(初期型?)茶色の細長い瓶は
タイトルがニキビ取り 光る君(昔もニキビは天敵)アルコールも
昔はアルコホルやったみたいですね、おもしろい。

瓶自体は昭和初期ぐらいかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です