古い家具や道具、流木や石ころなどの自然の造形物からインスピレーションを受け

家具や照明、オブジェなどのを製作をしています。

古い家具を触っていると一つ一つ作った人の技術や癖、性格まで感じることがあります。

気がつかないような小さな部分に細やかな細工がしてあったり

つぎはぎのように大事に修理されていたり、見えない所が丁寧に仕上げられていたり。

そんな家具に出会うと、とても愛おしい気持ちになります。

埃まみれでここに運ばれてきた家具は

子ども達が貼ったのであろうキャラクターのシールをはがしたり(かわいいけど)

落書きを消したり、汚れて真っ黒だったガラスをきれいに拭いたり、

小さな金物を取り外して、店主が手作業で塗装をはがします。(方法は企業秘密です。。)

バラバラになりかけていた所は補修して丁寧にやすりをかけ、

金物をひとつずつ付けなおして、木くずを落として。

そうして生まれ変わった家具はどれも一点物です。

中には、手放したくないような素敵な出会いもあります。

古い家具に携わる仕事につけてよかったなと感じる瞬間です。

そんなワクワクするようなものを、自分たちの手でも作れたらと

小さな遊び心や閃きから生まれる物づくりは、これからも続きます。

廃業した金物店から出てきたしびれるようなデザインと技術の詰まったドアノブや、

倉庫に眠っていた沢山の古いネジや取手や鍵

つむぎ商會の店の中はそんな物であふれています。

店主が若い頃、旅先で買った金物を蚤の市で売った事が始まりでした。

もう作られることの事のなかったマイナスネジは、無くしたくなかったので

話を聞いてくれた町工場に依頼して復刻しました。

建築金物から用途不明の金物まで

デッドストックの金物の種類と数は、国内でもトップレベルに入る自信があります。

いまだ使ったことのない物や、一度も売れたことのない物もあります。

我こそは、と使ってくれる人(買ってくれる人)ぜひお待ちしております。

PAGE TOP